元野良猫ボスころと箱人形物語


<元野良猫ボスころと箱人形物語


元野良猫ボスころと箱人形物語

元野良猫ボスころと箱人形物語


元野良猫ボスころと箱人形物語

第一章:なこと元野良猫ころの出会い

ボスころは、川崎で野良猫として生きていました。

その名前は、その勇ましい見た目にぴったりです。

ボスころは人や他の猫を傷つけない

優しい心の持ち主です。

ある日、さゆりは窓辺で騒ぐ

愛猫たちのもとへ行くと、

ボスころが

家の中を覗いていました。

ボスころはご飯を欲しがり、

徐々に警戒心を解き、

保護を決意しました。

第二章:保護の試練

保護は簡単ではありませんでした。

ボスころは警戒心が強く、

さゆりはキャリーケースを設置して

温かい寝床を用意しました。

しかし、ボスころはなかなか

ケージに入ってくれませんでした。

春には人の動きが活発になり、

ボスころの警戒心が強まり、

保護は難航しました。

しかし、さゆりは諦めませんでした。

ころは箱人形に興味を持ち、気になって触りたくて、

よってきましたた。

春に会ったボスころは、

元気で家に来ると、キッチンの隅で

じっと観察しているようで↓。

第三章:奇跡

ボスころは

ボスころは徐々に人慣れし

家猫生活を楽しむようになりました。

保護からボスころは人の手を受け入れ、

優しい表情を見せるようになりました。

その命の強さに感謝し、

ボスころとの日々を大切にしています。

この物語は、ボスころとさゆりの

愛と感謝でつづられた現実の世界のお話です。

まだころは小さい子猫でした、なのに

その時のお外のボスはころをいつも外から

覗いていました。

ボスにとっても将来警戒しないといけない存在と

思っていたのかもしれません。。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です