二匹の小さな冒険者


二匹の小さな冒険者


二匹の小さな冒険者

二匹の小さな冒険者

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


☆彡 二匹ねこの小さな冒険者 ☆彡

ある日、青い空の下で、小さな子ねことボス猫が出会いました。

子猫の名前はマミー、ボス猫の名前はころです。

マミーは茶色い毛並みを持ち、

大きな茶色の目をしていました。

ころは灰色の毛皮と緑色の瞳を持っていました。

彼らはすぐに友達になりました。

ある日、マミーはころに言いました。

「おにいちゃん、一緒に冒険しよう!」

ころは興奮して尾をふりました。

「はい、マミー!どこに行くの?」

マミーは地図を広げました。

「この森を探検しよう!新しい友達を作りながら、

素敵な場所を見つけましょう!」

ころは笑顔で頷きました。二匹は森の中を歩き始めました。

木々の間から太陽が差し込み、小さな花が咲いていました。

マミーところは小川にたどり着きました。

そこにはきれいな水が流れていて、小さな魚が泳いでいました。

「ころ、水遊びしよう!」マミーは小川に飛び込みました。

ころも後を追いました。

二匹は楽しく遊び、新しい友達を作りました。

マミーはカエルと仲良くなり、ころは蝶々とおしゃべりしました。

夕方になり、二匹は一緒に帰路につきました。

でも、彼らは心が満たされていました。

新しい冒険の始まりにワクワクしていました。

そして、マミーところは二匹の小さな冒険者として、

新しい日々を楽しんでいくのでした。

マミーところの冒険は、兄妹愛と新たな発見が待っている

素敵な出来事でした。

これはさゆりの家のボスころが

マミーを連れてきたときのお話です。

その後はマミーところはよく出かけました。

マミーはお兄ちゃんが大好きになったのです

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です