傘千代夢路という人




傘千代夢路


傘千代夢路

傘千代夢路という人


傘千代夢路箱人形は、

富山県小矢部市津沢で生まれた箱人形であり

昭和時代に誕生しました。

傘千代夢路は、電話をあまり好まず、

あまり話さない性格ですが、

その優しい心は神様のようです。

ただ一つ、傘が好きで、お天気がどうであろうと、

傘を持ち歩くことを好みます。

この箱人形は、和風のドールハウスで、

和紙を使って作られています

優しいペーパーで作られた箱人形は、

令和の時代にもぴったりの作品となっています。

また、ドールハウス箱人形のオンライン教室も

提供されており、ウサギのお顔の貯金箱作りや

動物の貯金箱作りなど、知育にも役立つ内容が盛りだくさんです。

傘千代夢路の箱人形は、

日本の伝統的な美しさと温かさを感じさせる作品であり、

手作りの魅力を存分に楽しめることでしょう。

母さんの思い出を大切にし、心の奥に作られた

小箱を描いています。

この小さな箱には、母さんの存在が詰まっています。

千代紙で折られた小さな箱、湯気の立ち昇る白いご飯、

廊下磨きの雑巾のチクチク縫い目、

素晴らしいものばかりです。

傘千代夢路さんは、砺波工業高校を卒業し、

和紙と厚紙で作った日本初の和風ドールハウスを考案しました。

彼は「傘千代夢路」というペンネームでも知られています。

現在は会社員として働いている一方で

夢の箱では動物のイラストなどもユニークに描いています。

傘千代夢路さんの独自の視点

今時というか昔から男性は

遊びも甲斐性の一つとしていはれましたが。

傘千代夢路さんは結婚してから一切しません。

今も会社員ですが、会社に着いたときは

奥さんについたよとメール

お昼休みもご飯食べたよとメール

仕事が終わると、今終わったよとメール

してすぐまっすぐ自宅に帰ります、

これが何と30年以上毎日、

奥さんも優しい方で、ご飯はもちろん作ります。

これで夫婦はすごく仲もよく夢の箱のモットー

愛と感謝をお互いに忘れたことがない。

「心の中に秘めた物語、箱人形が語る」

「箱人形の微笑み、心を癒す」

「和紙の温もり、箱人形の優しさ」

を夢路さんは作品を通して教えてくれます。

彼の作品は、心の中に秘めた物語を箱人形が語る

ように表現しています。

特に、母親や妻に対する思い出の小箱は、

彼の心の奥に大切にし、描かれています。

傘千代夢路の創造的なアプローチと

和紙人形作りの技術は、多くの人々に

感銘を与えていることでしょう。

彼の作品は、日本の伝統と現代のアート

融合させた素晴らしいものです。

傘千代夢路さんの素敵な作品やアイデアを広めるために、

ブログを活用してくださいね!
<ドールハウス箱人形で

メルヘンの世界に。。

傘千代夢路箱人形作家愛ある人なのです。

普段は口数の少ない、電話も嫌いなのですが。

心が温かいのです。

妻はなこの事情で今も実婚なのですが、

最初から変わりません。

会社からは終わったらどこもよらずにまっすぐ

家に帰ってきてくれます。

新婚さんではないのに、ずーっと同じです。

妻は離婚していますが、彼は独身でした。

ドールハウス箱人形と並んで、ブログアフィリエイト

を運営するコ三二ティを夢の箱は作っています。

byご遠慮なくお問い合わせください

夢の箱の会  さゆり

カテゴリー: 夢の箱の会 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です