二匹のふれあい

二匹のふれあい


二匹のふれあい

二匹のふれあい

KODAK Digital Still Camera

KODAK Digital Still Camera



☆彡 二匹のふれあい ☆彡

緑豊かな草原の中で、ふわふわの金色の毛を持つ子ねこ、

りんたが生き生きと駆け巡っていました。

彼の目は好奇心でいっぱいで、

新しい冒険を求めていました。

青い目をした茶色の斑点の子猫、

いくらは小さな体で世界を探検していました。

彼女は草の間を慎重に歩き、

新しい匂いや音に興味津々でした。

ある日、りんたといくらは偶然出会いました。

りんたは大きな尾を振り、

いくらに近づきました。

いくらは少し警戒しながらも、

好奇心で彼を見つめました。

「こんにちは、僕はりんた。君は?」

りんたは尾を振りながら尋ねました。

「いくら。初めまして。」いくらは小さく鳴きました。

りんたといくらはすぐに友達になりました。

彼らは一緒に遊び、草原を駆け巡り、

太陽の下で昼寝をしました。

りんたはいくらに星座の話を教え、

いくらはりんたに鳥のさえずりの意味を教えました。

季節は移り変わり、りんたといくらは

一緒に成長しました。

彼らは雨の日には一緒に雨宿りをし、

雪の日には一緒に雪だるまを作りました。

彼らの友情はどんどん深まっていきました。

ある日、りんたはいくらに告白しました。

「いくらちゃん、君と一緒にいると本当に幸せだよ。

僕たちは最高の友達だね。」

いくらは顔を赤らめて笑いました。

「私も同じだよ、りんたくん。」

そして、りんたといくらはふたりで夕日を見ながら、

ふれあいの大切さを感じました。

彼らの友情は永遠に続くことを誓いました。

二匹の小さな生き物が友情を育み、

共に成長し、ある日ボスころにあいました。

ボスころは今いるお家に二匹を連れてきました。

そして、いくらがねこエイズで、

虹の橋を渡るまで、ボスころと、

一緒に暮らしました。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です