ペットを飼う教育上のメリットとは沢山の事に興味を持つ

ペットを飼う教育上のメリットとは



ペットを飼う教育上のメリットとは



ペットを飼う教育上のメリットとは

ペットを飼う教育上のメリットとは。

ペットの効用と確認しないといけないことありますね。

新型コロナウイルスの影響で、家族のほとんどが自宅で過ごす時間が増え、
あなたのお宅でも「犬飼いたい!」「猫飼いたい!」と、
子どもからおねだりされませんでしたか?動物は私たちに安らぎを与えてくれます。

動物は適切な環境のもとで飼育しなくてはなりません。
虐待したり、飼育放棄、遺棄することは、
動物愛護法によって罰則になります。

テレビでも動物関係の番組は大人気ですね。

生き物を飼う時に注意したいことかんがえてみましょう。

動物愛護法は、動物の愛護と適切な管理を求めることで、社会
・他者に危害を及ぼすことも防止しようとする法律で、1973年に制定されました。

最後まできちんと面倒を見ること、販売前の子犬と子猫への
個体識別用マイクロチップ装着の義務化(2022年施行)が決められました。

愛護動物法律

最新の罰則規定として、以下のような罰則があります。

愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者には、5年以下の
懲役又は500万円以下の罰金

虐待や遺棄については、懲役刑の可能性が追加され、
100万円以下の罰金又は1年以下の懲役と、厳罰化されました。

命あるものかぞくとして温かくみまもってあげましょうね。

カテゴリー: ペットを飼う教育時用のメリット パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。