心理とスピリチュアル

心理とスピリチュアル



心理とスピリチュアル


心理とスピリチュアル

初心に戻ってこんな記事を書いてみます。

私たちは「スピリチュアル」とよく口にしますが、
その定義は非常にあいまいです。

私自身「現実的なスピリチュアル」とは言っていますが、
スピリチュアルとは何なのかがはっきりわからないですよね。

自分の中のスピリチュアルの定義を振り返ってみてください。

みなさん誰でも持っているものなのです。
ただ、強く感じる人と、そうでない人はいるようです。

スピリチュアル(spiritual)とは、言語的にどんな意味なのか?

その言葉の示す意味かから、調べます。

Wikipedia参照:スピリチュアル

スピリチュアルという言語自体、宗教色の濃い言葉であることがよく解ります。

Wikipediaには、日本におけるスピリチュアルについて、こうも書かれています。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
現代の日本では「スピリチュアリティ」(霊性)と「スピリチュアリズム」
(心霊主義)を柱とする物事を広く指す。

この意味でのスピリチュアルは「精神世界」を概ね受けついだ言葉である。
Wikipedia参照:スピリチュアル

日本におけるスピリチュアルが、宗教とはかかわりが無いのですね。

日本では、「宗教的」な意味合いよりも、「霊的」な思想の方が当てはまるようです。

その意味では確かに、「スピリチュアリティ(霊性)」や、
「スピリチュアリズム(心霊主義)」など、「精神世界」を示していると言えます。

カテゴリー: スピリッチアルさゆりが教える パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。