ネットのデパート夢の箱育てると育むの意味の違いと使い分け

ネットのデパート夢の箱育てる」と「育む」の意味の違いと使い分け



ネットのデパート夢の箱育てる」と「育む」の意味の違いと使い分け

ETEPON 建設車両 5台セット 組み立て&分解 合体ロボット 車 おもちゃ 男の子 誕生日プレゼント クリスマスプレゼント 子供 知育玩具 ショベルカー はたらく車
自分の重いを相手に上手に伝える


「育てる」と「育む」の意味の違いと使い分け

「育てる」と「育む」という言葉をご存知でしょうか。

「子ねこを育てる」「愛を育む」といったように使います。

「育てる」と「育む」はどちらも同じように使うイメージがありますが、
何か違いはありますよね。

実はそれぞれ意味が異なるので、違いについて適切に知っておきましょう。

「育てる」と「育む」の使い分けについてお話していきます。

正しく覚えて、上手く使い分けできるようにしましょう!

「育てる」と「育む」の違い
「育てる」>>>>>大きく成長するように、面倒を見ること

「育む」>>>>>愛情を持って大切に面倒を見ること

「育てる」も「育む」もどちらも「大きく成長させること」を表しますが、
細かいニュアンスが異なります。

KODAK Digital Still Camera

「育てる」は人・生物・植物などの世話をすることから、
ものの成長を助けるなどと、抽象的なことに対しても使います。

KODAK Digital Still Camera

「育む」は、人やものなどを大事に優しく世話をすることを表す場合に使います。

「育てる」と「育む」の違いとしては、「愛情を注いで成長を支えているか」という点になります。

「育てる」にも愛情が込められているものの、「育む」と比較すると薄れている印象です。

自分の重いを相手に上手に伝える

カテゴリー: 育てると育むの違いと使い方 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。