エドインター幼児教室

エドインター幼児教室



エドインター幼児教室

エドインター幼児教室現場から、
よいおもちゃを考える。

エドインター幼児教室の奢侈

KODAK Digital Still Camera


KODAK Digital Still Camera

幼児教室の現場から、よいおもちゃを考える。
私たちのものづくりの原点は、1988年に設立した幼児教室
エドインターっていうのだって

KODAK Digital Still Camera

エドインターのおもちゃには、
安全面はもちろん、
製品コンセプトやデザイン、
素材にいたるまで、 すべてに
「根拠」があるのです。

KODAK Digital Still Camera

ママもそれは、子供が
隠れた才能を発揮してくれれば
うれしいですよね。

KODAK Digital Still Camera

わたしも、ほしいって
思いますね。



エドインターのネットから

幼児教室の現場から、よいおもちゃを考える。
私たちのものづくりの原点は、1988年に設立した幼児教室。

教室には0歳から小学生までの子どもが集い、五感を使った遊びを通して、
感受性や創造力、思考力、コミュニケーション力を養っています。

私たちはこの教室で、幼児教育のプロフェッショナルの先生や
子どもたちに実際に製品を試してもらいながらともに価値ある
おもちゃづくりに取り組んできました。

だからエドインターのおもちゃには、安全面はもちろん、
製品コンセプトやデザイン、素材にいたるまで、 すべてに「根拠」があるのです。

子どもたちの笑顔を思いながら
思いやりとこだわりをカタチに。

エドインターのおもちゃは、日本国内での自社企画・設計でつくられています。

手指や思考の発達に見合った遊び方のデザイン。

子どもの好奇心を惹きつける色づかい。

幼児教室で得た学びが、知育玩具づくり一筋に歩んできた
経験とひとつになって、長く安心して使える品質のおもちゃが生まれるのです。

子どもたちの笑顔を思いながら思いやりとこだわりをカタチに。

こだわりの安全品質と適正価格を叶えるものづくりを。
こだわりの安全品質と
適正価格を叶えるものづくりを。

エドインターの品質を支えているのは、ベトナムにある自社工場
「T’s LAB」の、細部まで丁寧に行き届いた仕事ぶり。

アジア唯一の日系木製玩具専門工場として、
日本をはじめ世界の安全基準を満たすものづくりが行われています。

生産を通して木のこと、玩具のことを研究し続け、
企画から製造までの一貫体制を強みに、私たちは進化を続けます。

子どもの中に眠る可能性を目覚めさせる
エドインターのおもちゃの力。

「遊ぶ」とは、心を動かし、体を動かすこと。よく遊ぶ子はよく育ちます。

では子どもの成長に寄り添う良いおもちゃとは どんなものでしょうか。
まず安全であること。子どもの心を惹きつける色や形であること。

ワンパターンでなく、多彩な遊び方を子ども自身が工夫できること。

そして忘れてはならないのは、「大人もわくわくするおもちゃであること」です。

子どもの中に眠る可能性を目覚めさせるエドインターのおもちゃの力。
根を育てる”親と子の知育遊び”。
根を育てる”親と子の知育遊び”。
0~3歳の子どもたちは、遊びの中で一緒に驚いたり喜んだりして
くれる大人の存在を必要としています。

そばにいるパパやママが童心に返って遊びを楽しみ、
「三角のつみきはどれ?」、「次はこんなの作ってみようか」
「すごいね、上手!」と語りかけることで子どもの
好奇心や達成感はさらに高まります。

やる気のある子、自分に自信のある子を育てるのは、
何気ない、そんな行為の積み重ねなのです。 それはまさに、
子どもひとりひとりが持つ才能や可能性を、将来大きく開花させるために、
見えない”根”をじっくりと育むような時間。

私たちエドインターはこれからもおもちゃづくりを通して、
かけがえのない親子の知育遊びを応援していきます

カテゴリー: エドインター幼児教室 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。