初心者はキーワードを左寄せで含める

初心者はキーワードを左寄せで含める



初心者はキーワードを左寄せで含める

初心者はキーワードを左寄せで含める。


理由は、左から書くと読みやすいし、早く文搾上位に表示されやすいように、
長く上位表示されてるあなたは、今はAIも検索ロボットも
進んでるので、特に左寄りにこだわらなくて大丈夫です。

私が始めた10年前はキーワードを左寄せで含めると習いました。
時代とともに変わってきますね。

タイトルはPCとスマホで表示される文字数が変わりますが、30から35文字前後に抑えておくと、
タイトル全体が表示される傾向にあります。

25文字前後だと、後ろの文字が 「、、、、、」 にならないですね。
語尾が消えません。

私の経験では、タイトルの↓記事中にキーワードを含めた
タイトルを入れて書いています。

これ文搾上位に行きやすいです。

わかりやすいパーマリンク(URL)を設定する。
私の場合、パーマリンクは「カスタム構造」にしたのですが、
(URL)が英語になりませんので。

グーグル翻訳

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ を使って、


パーマリンク: https://yumenohako77.jp/beginners-includ…s-left-justified ‎編集
↑ ↑ ↑ ↑ ↑になります。

パーマリンクとは、記事のURLのことです。パーマリンクを気にする
ユーザーは少ないですが、わかりやすいパーマリンクに設定されていると、
クローラーが記事の内容を理解しやすくなります。

パーマリンクに「SEO」という言葉が含まれている場合、
クローラーは「SEOについて書かれている記事」だと理解できるということです。

わかりやすいパーマリンクの設定をするポイントは、アルファベットにすること
・できるだけ短くすること・記事で狙うキーワードを入れることです。

特に、記事のURLを日本語に設定してしまうと、ユーザーもクローラーも
読み取れない文字列として表示されてしまうため、注意が必要です。

見出しの階層構造を正しく設定する>

見出しのタグをきちんとした階層にしておくと、クローラーが巡回しやすくなります。

タイトルは

大見出しを

中見出しを

と定めそれぞれが規則を守って配置されていることが大切です。

くらいまでにしています。

具体的な規則としては、見出しは数字の順番に使い、
数字を飛ばさないようにすることを意識しましょう。

の次の見出しに

を使用することはNGだとされています。

見出しにもキーワードを含める
見出しにも、記事で狙うキーワードを含めるようにしましょう。
「h2」は記事の中でも特にSEOにおいて重要な部分のため、
優先的にキーワードを含めた構成を作成しましょう。

カテゴリー: 初心者はキーワードを左寄せで含める パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。