ロングテールキーワード

ロングテールキーワード


ロングテールキーワード

ロングテールキーワード



☆ロングテールキーワードとは、
検索ボリュームが少なく、
複数語の組み合わせからなるキーワードのことです。

3語以上でつくるキーワードのこと。
検索ボリュームは1,000未満
例「富山、流しソーメン、大岩さん」

ロングテールキーワードのメリット
コンバージョン率が高い>>>成約率
検索で上位表示されやすい

安定的なアクセスを集める
ブログ記事もかきやすいです。

SEO対策の面だけでなく、ロングテールキーワードの考え方を
知るとブログ記事のテーマに迷わなくなり、また記事の質も
自然とあがるメリットがあります!

1.コンバージョン率が高い>>>購入の率
2.検索で上位表示されやすい
3. 安定的なアクセスを集めやすい

☆彡 ロングテールキーワードのデメリット2つ ☆彡
1.大量のアクセスは期待できない
2.成果が出るまでに時間がかかる

「ニッチキーワード」や「スモールキーワード」と呼ばれることもあります。

月間検索ボリューム(検索数)でたとえると、1,000未満のものを指します。


☆ロングテールキーワード、検索ボリュームが少ない☆、

  複数語の組み合わせからなるキーワードのことです。

☆彡 ビッグキーワード ☆彡

おもに1語で構成されるキーワードのこと。

検索ボリュームは10,000以上。

☆彡 ミドルキーワード ☆彡

2語で構成されるキーワードのこと。

検索ボリュームは1,000~10,000。
例:「流しソーメン 富山」

Googleは一貫して”読者にとって役立つ記事をが重要”と伝えています。
ロングテールキーワードを使って記事内容を充実させたらライバルサイトと戦えます!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です