生まれた日から夢を語れる日まで親のあり方

生まれた日から夢を語れる日まで親のあり方


生まれた日から夢を語れる日まで親のあり方

生まれたその日から、ママと夢を語れる日まで
親の愛情はとっても大切のですね。
ネットでも調べてみました。
Pinkfong Fun Phonics for Kids DVD ピンキッツ ピンクフォン ファンフォニックス 英語 子供 幼児英語

かつてよかった一歳児知育玩具ランキング

学童期6歳から家庭から離れて感情も成長

KODAK Digital Still Camera


子どもの発達段階と遊び|知育玩具が与える効果とは何?
これはぜひ知りたいことです。

子育出来になることは、子どもの発達。「○○くんよりも背が低い」
「○歳になっても歩くのが苦手」など、つい他人の子と比べてしまうこともありますよね。

心理的・身体的発達は個人差が大きく、目安こそありますが、
その通りに育つとは限らないのです。

でもねふとしたことで才能が開花することあるのよ。
お友達の子、「サッカー」なんと小学生になったらゴールキーパーとして
県一のキーパーになってね。

子どもの発達段階とは?

文部科学省によると、子どもの発達は以下4段階に分類されます。

乳幼児期
学童期
青年前期
青年中期

乳幼児期

乳幼児期は、主に1歳未満の子どもが類別される発達段階です。
「エリクソンの発達段階」では、乳児期・乳児期初期・乳児期後期にあたります。

生まれたばかりの乳幼児は、大きな環境の変化に適応していきます。

そして著しいスピードで心身が発達し、寝る・起きる・ミルクを飲む
といった生活リズムを形成。日常生活において「五感」が刺激され、
およそ1年かけて自身の欲求を表現できるようになります。

そんなものかもしれませんね。
ついお兄ちゃんがいると比較してしまって。

欲求の表現といっても、1歳前後の子どもはまだ言葉を話すのは難しく
親との意思疎通では身体の動きや「あー」「うー」といった
喃語(なんご)を使います。

さらに大きく笑ったり泣いたりして、
感情を表現していきます。

乳児期の心理的課題は、「愛着の形成」と「基本的信頼の獲得」です。

愛着は、母親あるいは母親同等の立場の人物から愛情を注がれることで形成されます。

同時に安心と、人に対する基本的信頼を得るのです。

愛着の形成はすごく重要です。たとえば、乳児期に育児放棄や虐待、無関心などで愛情を注がれずに育つと、心理的・身体的発達に悪影響をおよぼします。

こんなころに影響を及ぼすのですね。

愛着が形成されないことで、情緒が不安定になったり、激しい問題行動を起こしたりする恐れがあるのです。

環境というか親の愛が大切な時ですね。

乳児期で何よりも大切なのは、我が子に安心を与え、基本的信頼を得ることです。

幼児期は初期と後期にわかれます。

幼児期初期は1歳から3歳が目安で、急速に言語能力が発達し、
行動も活発的になる時期です。

よくおばあちゃんも「三っコの魂」とか言いますね。

それまでの「愛」が大人になっても性格などを生成するのですね。

自主性・主体性の形成が始まり、
気に入らないことがあると感情的に怒ったり泣いたりします。

いわゆる「イヤイヤ期」に相当する段階です。

後期は3歳から6歳が目安です。徐々に自立性が芽生え、
物事に対して意思決定ができるようになります。

遊びの系統が変化していき、
「ごっこ遊び」で社会性を学びます。

さらにイタズラをして親に叱られると、反発と同時に
「罪悪感」を覚えます。

幼児期後期は、急速に人間らしく成長する時期といえるでしょう。

かつてよかった一歳児知育玩具ランキング
学童期6歳から家庭から離れて感情も成長

カテゴリー: 生まれた日から夢を語れる日まで パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。