動物のイラストと子どもの知育にもつながる犬の飼育

動物のイラストと子どもの知育にもつながる犬の飼育


動物のイラストと子どもの知育にもつながる犬の飼育


子どもの知育にもつながる犬の飼育!ペットが与える良い影響。

子どもに「犬やねこを飼いたい!」と言われたことがある
パパママは少なくないと思います。

ねことねずみの大レース 日本語説明付き ペガサス社 知育玩具 ボードゲーム すごろく テーブルゲーム Viva Topo! 【あす楽対応】

KODAK Digital Still Camera

KODAK Digital Still Camera


子どもが小さければ余計に、その環境に動物が同居するのがいいことなのか
それともマイナス面が多いのか気になってしまいますよね。

結論から言えば、知育的な面からも、犬などのペットと子どもが一緒に暮らすことにはたくさんのメリットがあります。

KODAK Digital Still Camera

いいことはいっぱい
優しい心ひとや動物に「愛」をそそぐことが出来るようになります。
私も小さいころから猫ちゃんとくらしていました。

子どもと犬やねこと一緒に暮らすメリットは?
1.命の大切さが学べる
子どもとペットとの共同生活で起こるメリットはたくさんあります。

命の大切さを教えることが出来ます。

人間とは違う動物の存在を通して、子どもも“命”の存在を
意識することができます。

日々を懸命に生きている犬やねこの行動は、まだ子どもの心が純粋でみずみずしい
からこそ、何らかの共鳴、感銘を与えてくれるはずです。

ごはんをあげたり散歩に連れて行くなどのお世話を通して、
命を預かる立場としての責任感も徐々に芽生えてくると思います。

残念ながら人間より寿命が短いペットたちは、自分たちの死を持って
子どもたちに命の尊さも教えてくれる存在です。

悲しいこともありましたね、猫ちゃんが病気で苦しんでるの
そばにじっとツイててあげましたが。亡くなった日。

忘れませんよ一匹一匹の事を今も。。

2.思いやりの心が育つ

生き物に対して優しく接することが出来るようになります。

今後、子どもが成長してお友だちと一緒に遊ぶようになってからも、
とても大切なコミュニケーション力の基礎となっていきます。

人間と同じように言葉を使うことができない動物たち。

イヤな事をされたら怒ったり吠えたりして気持ちを主張しますし、
うれしいときには尻尾をふって目を輝かせます。

子どもは相手を思いやる気持ちや自分以外の存在と一緒に遊ぶときの
ルールを学ぶことができます。

こういった学びは知育にもなります。


【送料無料】 知育玩具 ねことねずみの大レース ペガサス社 PG66003-3 ボードゲーム すごろく 幼児 子供 4歳

ねこちゃんは自分勝手しいうけど
そんなことない、人の気持ちはわかるんたせよ。

KODAK Digital Still Camera

ねこちゃんは一緒に暮らすと
優しい子に育つの
「愛」が芽生えてくるの
夢の箱に入会賞与
優しくてものすごく愛のあふれた
そんな事が学べるよ。
みんな一緒に学ぼうよ
とっても優しい気持ちになる
そんな事が自然に学べます。

KODAK Digital Still Camera

猫ちゃんだって人の気持ちに
寄り添えるのだ


カテゴリー: 子どもの知育にもつながる犬の飼育 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。