奈子の思いでは子供二人

奈子の思いでは子供二人


奈子の思いでは子供二人

北陸はまだまだ今より封建的なところだった。
お嫁さんというのは、家族の一番下。
何も言わずに黙って姑に従う
そうでないと「家の嫁はだめ嫁」
そんな時代だったのです。

大きな庭のある家で、野良ネコちゃんが来ると石を投げとけ
旦那さんには給料はあてがわれているだけ

それでやりくりの出来ない嫁はだめ嫁
奈子の実家は、昔から
立派な家なのでか。

でも嫁に行くと関係ないだめ嫁

ネコちゃんに限らず動物はみんな書きななこにはいられないいえでした。

そうやって17年もういらないといわれ
子供を残して離婚
その離婚も、奈子は自負辺ではんしは押していない。

姉夫婦が全部やった。

そんな事今の世の中で通りますか。

一度実家へ帰ったけど、奈子は、生活のため
年も偽り夜の仕事を始めたのでした。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。